被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<白鵬>宮城県大崎市の新春特別対談で、村井嘉浩知事らと「スポーツの力」をテーマに話り合う横綱白鵬関。被災地慰問などを続ける白鵬関は、震災発生の日が26歳の誕生日だったといい「東北の映像を見て、私より怖い思いをしている人がいる、何か応援したいと考えた」と語った=2014年1月6日、宮城県大崎市古川の芙蓉閣
106/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る