被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<今井正人>仙台国際ハーフマラソン大会に初出場し、ハーフ登録の部男子で優勝した福島県南相馬市出身の今井さん(中央)=トヨタ自動車九州、福島・原町高-順大出=。故郷を襲った震災と、選手生活を送る九州の熊本地震、二つの被災地に思いを寄せ、コースを駆け抜けた。2位は熊本県出身の谷川智浩さん(左)、3位はチームの後輩・押川裕貴さん(右)で九州に関係がある選手が活躍した=2016年5月8日、仙台市宮城野区の市陸上競技場
139/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る