被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<王貞治>被災地の子どもを励まそうと避難所になっている中学校を訪れ、野球部員に「投手の動作を意識してスイングを」などと打撃指導をする日本プロ野球名球会理事長の王さん。「野球に取り組む子どもたちの目が輝いていた。悲しいことを乗り越え、前に歩んでいることを実感した」と話した。岩手県釜石市の知人の要望で訪問、釜石、陸前高田両市の小中学校など計5カ所を回って児童生徒を激励した=2011年5月22日、岩手県釜石市の釜石中
25/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る