被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<陣内貴美子>被災地の子どもたちを元気づけようとバドミントン教室を開き、ラケットを手に地元中学生を指導する元バドミントン五輪代表の陣内さん(右)と小椋久美子さん(中央)=2011年7月2日、宮城県塩釜市の塩釜二中
54/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る