閉じる

<ツール・ド・東北>民泊で深まる交流

 17、18両日のツール・ド・東北は、出場者らを地元の人が自宅に泊める「民泊」を実施した。「石巻のお父さん、お母さん」と慕うホスト宅を繰り返し訪れる出場者がいれば、泊めた出場者の影響で自転車の練習を始め、初出場した75歳の被災者もいる。第1回から4年連続の取り組みが、交流に一層の深みを加えている。

 …

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ