<震災8年>被災地の若者たち 視線の先に輝く未来

【教訓伝える】震災9日後、石巻市の倒壊した家屋から救出された阿部任(じん)さん(24)は、地元のイベント会社に就職した。今は石巻市の石ノ森萬画館で働く傍ら、震災の語り部も。「僕が語るのは奇跡的な生還の話じゃなく、避難指示を無視した失敗談」だという=石ノ森萬画館
6/7

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る