<震災8年>原発の町に再生の芽 福島・大熊

[準備]今春の避難指示解除が予定されている大熊町の大川原地区。先祖代々の農家だった井戸川清一さん(65)は一昨年、自宅を再建した。昨年4月に準備宿泊を始め「生まれ育った町はやっぱり安心できる」
1/7

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る