<震災8年>まち再生 祈り深く

東京電力福島第1原発事故によって、8年後の今も全町避難が続く福島県大熊町。今春、町の一部で初の避難指示解除が予定され、災害公営住宅の建設が進む=2019年3月11日午後1時35分ごろ、大熊町の大川原地区
14/90

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る