<震災8年>まち再生 祈り深く

中学生から大人まで、遠くは兵庫県の高校生らが参加した「3.11震災を語り継ぐワークショップ」で、被災した東松島市大曲地区の自宅の写真を見せながら体験を語る語り部グループ「TSUNAGU Teenager Tourguide(TTT)」のメンバーで宮城水産高(石巻市)3年高橋さつきさん(18)。一緒に避難しながらも両親と祖父を亡くした状況を語りながら「誰にも自分と同じような悲しい思いをしてほしくない」と震災を語り継ぐ大切さを訴えた。この春東京の専門学校に入学しお菓子職人を目指す予定だが、古里を離れても震災を語り継ぐつもりだ=2019年3月11日午前11時47分、東松島市の市立矢本二中
7/90

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る