<震災8年>まち再生 祈り深く

自宅跡に設けた祭壇に手を合わせる志賀一郎さん(右)と長男の隆昌さん。1階が鉄骨だけになった作業小屋が残る=2019年3月11日午前11時ごろ、福島県双葉町
89/90

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る