潮風切って東松島快走 26チーム67人、観光スポット巡り点数競う

チームに分かれてポイントに向けて走りだすライダー

 観光名所や飲食店などを制限時間内に自転車で巡り、獲得点数を競うイベント「ライドハンターズin東松島」(宮城県東松島市、石巻圏観光推進機構主催)が5日、東松島市内であった。

 1~5人の26チーム計67人が参加した。3時間半の制限時間内に、市内に用意された82カ所のポイントを選びながら自転車で走行。写真撮影で獲得できる「スポット得点」と、食事やスイーツなどを頼むことで得られる「ミッション得点」の総合得点を競った。

 会社の仲間2人と共に参加した栃木県那須塩原市の会社員室井秀幸さん(53)は「普段は海のない所に暮らしているので、潮風が心地よかった」と話した。

 東日本大震災の復興支援を目的に9月に開かれた「ツール・ド・東北2019」(河北新報社、ヤフー主催)の関連イベント「サイクリング・フォー・みやぎ」の第3弾。11月9日には、航空自衛隊松島基地(東松島市)の滑走路をライダーに開放する「松島基地ランウェイライド」が開かれる。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る