FAQ

第1部・100年の現実-阿武隈川(6)「過去」の限界 前提上回る豪雨、誤算

 「あっちの道路見てよ。こっちより高いだろ」

 宮城県丸森町耕野岩の国道349号上。小野栄一さん(70)が国道下を流れる阿武隈川の向こう岸を指さした。付近は川が県境。対岸は伊達市梁川町になる。

 小野さんによると、対岸の道路はかつて国道と同じ高さだった。現在より2メートルほど川寄りにあったが「『平成の大…

残り 978文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る