駅近ホテルをオフィスに テレワーク向けデイユース販売 仙台の5施設

 新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを導入する企業などに活用してもらおうと、日本旅行東北(仙台市)はJR仙台駅近辺のシティーホテルが提供する「デイユースプラン」(午前9時~午後5時)の販売を始めた。宿泊や宴会のキャンセルで打撃を受けるホテルの利用を後押しする狙いもある。

 販売するのは、いずれも青葉区のホテルモントレ仙台、ホテルモンテエルマーナ仙台、ホテルメトロポリタン仙台、仙台国際ホテル、ホテル法華クラブ仙台の5施設のプラン。

 感染防止のため利用は1人1室とし、食事なし、税・サービス料込みで3000~5000円。無線通信Wi-Fi(ワイファイ)や、ホテル貸し出しのスマートフォンによる国内通話は無料で利用できる。

 日本旅行東北によると、デイユースプランを実施済みだった法華クラブは1人用を設定。残る4施設は同プランを新設した。

 日本旅行東北の担当者は「自宅でのテレワークは通信環境の違いや公私の区別を付けにくいといった問題があるが、ホテルなら集中して効率的に仕事ができる。稼働率の落ちているホテルにもメリットがある」とアピールする。

 販売は感染が終息するまでの予定で、今後は他のホテルにもプラン作成を提案していくという。連絡先は日本旅行東北022(266)0071。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る