閉じる

「令和の鐘」打ち始め 伊達騒動ゆかりの鐘 350年ぶり鋳造 宮城・涌谷

 宮城県涌谷町の箟岳山箟峯(こんぽう)寺の釣り鐘「令和の鐘」が今月、新調された。以前の釣り鐘は350年前の寛文年間に鋳造されたとされ、「寛文の鐘」の愛称で親しまれた。19日に令和の鐘の掛け替えと打ち始めを祝う開音法要があった。

 令和の鐘は縦1.5メートル、重さ600キロ。表面には東日本大震災の犠牲者…

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ