FAQ

「やさしい日本語」で発信 東北の自治体が外国人向けコロナ情報

 東北の自治体などが外国人の住民向けに「やさしい日本語」で新型コロナウイルスの情報発信を進めている。難しい言葉をかみ砕き、複雑な言い回しは分かりやすく言い換える。国際交流がほぼ途絶え、情報から孤立しがちな外国人を日本語で支える。

 やさしい日本語は、阪神大震災で外国人の被災者に必要な情報が届かなかった…

残り 540文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る