閉じる

仙台市立病院の医師、感染不安の中で奮闘 不足する防護具は再利用で対応

 新型コロナウイルス感染症の終息が見通せない中、感染症指定医療機関の仙台市立病院(太白区)が、治療の最前線で奮闘している。万全の感染防止態勢を敷くものの、医師や看護師は「見えない敵」への恐怖を抱えつつ、患者と向き合う。マスクなど医療資材の不足も深刻で、命のとりではぎりぎりの状態が続く。
(報道部・伊藤…

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ