閉じる

チリ地震60年 二つの津波、語り継ぐ 南三陸・ホテル観洋の伊藤さん

 宮城県南三陸町の南三陸ホテル観洋の渉外部長伊藤文夫さん(77)が、1960年のチリ地震津波、東日本大震災の経験を伝え続けている。チリ地震津波の襲来から24日で60年。ホテルが運行する「語り部バス」のガイドを務めながら「過去の津波にとらわれてはいけない」と二つの災害を踏まえ警鐘を鳴らす。(南三陸支局…

関連タグ

最新写真特集