宮城県の移住サポセン LINEで「復活」

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、人口が密集する首都圏から地方に移り住む動きに注目が集まる中、県は無料通話アプリLINE(ライン)を通じて地方での生活の疑問に答えるサービスを始めた。県が都内に設置する移住相談窓口がコロナ禍で休止状態となり、県の担当者は「情報収集の入り口として、人を呼び込む新たな…

残り 537文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集