FAQ

<アングル宮城>大崎・鳴子こけし 若き工人、伝統継ぐ

 こけしの里に新風が吹いている。通りに10軒以上のこけし工房が立ち並ぶ宮城県大崎市の鳴子温泉郷。60歳以上の工人が大半を占める中、伝統を継ぐ若手が少しずつ現れ始めた。

 松田工房の4代目となる松田大弘さんは最若手の30歳。こけし制作は父忠雄さん(64)から学んだ。3年前、本格的に制作を始め、地元で開催…

残り 188文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ

アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。


企画特集

先頭に戻る