閉じる

岩手県産品食べて使って 盛岡で15社がPR

 新型コロナウイルスの影響で消費が低迷している岩手県産品をPRする催しが4日、盛岡市の百貨店「川徳」前の特設会場で始まった。15社の飲食店や製造業が出店し、弁当や夏用マスクを販売した。5日まで。

 市内のそば店「東家」はカツ丼など3種類の弁当を販売。馬場暁彦社長は「収束が見えない中、事業者は対策をして…

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ