未来像描き伝承活動 語り部ら組織運営学ぶ 仙台で講座開催

 東日本大震災の語り部らを対象にした「3.11伝承力アップ講座」が14日、仙台市内で開かれ、被災3県の語り部や伝承施設の解説員ら14人が参加した。4回連続の講座で、初回は持続可能な組織運営を学んだ。

 「日本NPOセンター」(東京)の田尻佳史常務理事が人材や財源確保をテーマに講演。「3年先の未来像を描…

残り 231文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ