FAQ

「仙台七夕の由来、文化に思いはせて」 小型の店内用、個人向け人気

 新型コロナウイルスの影響で仙台七夕まつり(6~8日)が中止になった今年、仙台市内では自宅や店の中で小さな飾りを楽しむ市民の姿が目立った。「見る」まつりから「参加する」行事へ-。飾り製作を請け負ってきた業者は「原点回帰の年」と捉えている。

 鳴海屋紙商事(若林区)は例年、商店街の七夕飾りの約3分の2に…

残り 716文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ

新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る