閉じる

墓参り、代行やVRで 仙台のタクシー会社などが新サービス

 新型コロナウイルスの感染拡大でお盆の帰省自粛が広がる中、墓参りの代行サービスを利用する人が少しずつ増えている。今夏、仮想現実(VR)を使った「バーチャル墓参」も登場。少子高齢化や核家族化、新型コロナの流行長期化に伴い、「リモート墓参」のニーズは今後も増えそうだ。

 タクシー大手「第一交通産業グループ…

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ