開設中止でも海水浴場にぎわう 七ヶ浜・菖蒲田「遊泳禁止」守られず

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開設が中止された宮城県内の海水浴場に、若者や家族連れが続々と訪れている。宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場には15日までの1カ月間で、昨年の半分程度の3万6000人以上が来場した。「遊泳禁止」と看板などで示しても、泳ぐグループがいて、関係者が対応に追われている。

 …

残り 699文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ