コロナも何の、来館10万人 八戸「かぶーにゃ」、開業105日で大台

 東日本大震災の津波で被災した青森県八戸市の蕪嶋神社近くに整備された物販施設「かぶーにゃ」の来館者が23日、10万人を突破した。新型コロナウイルスの影響で予定より1カ月遅れて5月11日にオープンし、105日目で大台を達成した。

 10万人目となったのは、三沢市の会社員関口達也さん(41)と妻幸代さん(…

残り 231文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ