閉じる

終戦当日、落とされた爆弾 秋田・土崎空襲の余剰弾か 80キロ離れた西成瀬に3発

 太平洋戦争の終結直前の1945年8月15日未明、秋田県の西成瀬村(現横手市)に3発の爆弾が投下された。14日夜から翌未明にかけ、秋田市土崎地区で250人以上の命が奪われた土崎空襲があり、その帰途に米軍が余剰爆弾を落としたとみられる。人的被害がなく、あまり知られていない史実だが、4歳だった季子(きし…

残り 662文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより