コロナ禍のテレワーク 秋田県内の企業、実施は約2割 安全性に不安6割 業務デジタル化には関心

 秋田県内の企業でテレワークを実施しているのは約2割にとどまることが、システム開発会社などでつくる秋田RPA協会(秋田市)の調査で分かった。国は新型コロナウイルス対策としてテレワーク活用を促すが、セキュリティー面の不安などからテレワーク導入が進んでいない状況が浮かび上がった。

 実施企業は「以前から実…

残り 354文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ