FAQ

余剰食品を困窮世帯へ 東松島市社協「フードドライブ」開始

 宮城県東松島市社会福祉協議会は、家庭で余った食品を集め、支援機関などを通じて困窮世帯に届ける「フードドライブ」を始めた。新型コロナウイルスの影響で生活に困る人が増えている実態を踏まえ、食品の寄付を受け付ける。

 市社協は2014年度から生活困窮者の相談支援事業に当たっている。深刻なケースでは、石巻市…

残り 287文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ

新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る