社説(9/28):コロナ下の震災伝承/風化防止へ支援の拡充急務

 東日本大震災の経験をどう伝え残し、内外に発信していくか。震災から10年目の被災地で語り部や伝承施設の役割が一段と重みを増している。新型コロナウイルスの逆風と向き合いながら、確実な継承を実現する体制を整えたい。

 コロナの感染拡大に伴って今春以降、被災地訪問の機会が減り、ほとんどの伝承団体は一時、活動…

残り 940文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ