盛岡芸妓「ひよ妓」の喜久丸さん一本立ち コロナ禍でお座敷減の中の船出

 藩制時代から続く伝統芸能を受け継ぐ盛岡芸妓(げいぎ)の喜久丸さん(28)=本名・白築真夏さん=が「ひよ妓(こ)=見習い=」としての5年間の修業を終えて一本立ちした。新型コロナウイルスの影響で舞台やお座敷が激減する厳しい状況での船出だが、「姐(ねえ)さん方の芸と温かい雰囲気を受け継ぎたい」と瞳を輝か…

残り 207文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ