閉じる

原発避難者の今を継続発信 「相双の会」会報100号超え

 東京電力福島第1原発事故の避難者でつくる「原発事故被害者 相双の会」が発行してきた会報が100号を超えた。2012年からほぼ毎月のように発行し、散り散りになった避難者の生活ぶりといった情報を提供。今は避難者だけでなく、全国の支援者らにも届けている。

 相双の会は12年6月、福島県浜通りから多くの人が…

残り 488文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより