フルーツカクテルで被災地支援 東松島産イチゴなどの果汁入り発泡酒発売

新たな発泡性フルーツカクテルを持つ関係者=26日、東松島市役所

 酒類卸売会社ルーチェ(東京)と日本航空は、地方の果物を使った発泡性フルーツカクテル「フルーツリング」の第2弾を12月1日に発売する。今回はともに東日本大震災で被災した宮城県東松島市産イチゴと岩手県陸前高田市産ユズを原料にした。被災地の産業支援と観光振興につなげる考えだ。

 日航の地域活性化貢献事業の一環。フルーツリングはフルーツとスパークリング酒を掛け合わせた造語で、麦芽やホップで作った発泡酒に果汁を入れた。

 原料のイチゴは東松島市赤井の農業法人イグナルファームの「とちおとめ」などを選び、フードロスを防ぐため出荷時期を過ぎた完熟イチゴを活用した。ユズは陸前高田市の「北限のゆず」の皮を使った。イチゴの香りが際立ち、甘過ぎずに上品な味わいに仕上がったという。

 アルコール度数5%。200ミリリットル入り890円、750ミリリットル入り2700円(ともに税抜き)。東松島市の復興再生多目的施設「あおみな」や日航の公式通販サイトなどで販売する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る