閉じる

<アングル青森>弘前藩の御用達菓子職人 変わらぬ味伝える

 弘前城に程近い青森県弘前市本町の和菓子店「大阪屋」。1630年に創業し、弘前藩お抱えの職人「御菓子司」として代々仕えた歴史を持つ。きらびやかな螺鈿(らでん)細工の調度品や、店内に施された津軽家の家紋「牡丹(ぼたん)紋」が、その由緒を物語る。

 4代目福井三郎右衛門が生み出した銘菓「竹流し」と「冬夏」…

残り 103文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより