【焦点】消防団員、10年で4000人以上減 3県の被災自治体 津波被害に不安も

 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の計42市町村の消防団員が、震災後に4000人以上減少したことが河北新報社のまとめで分かった。10年間で6分の1近い団員が失われたことになり、地域防災力の低下が懸念される。高齢化や人口減少といった全国的な要因に加え、津波で団員が犠牲になるなど消防団活動への不安や、東京電力福島第1原発事故による避難生活が影響したとみられる。(生活文化部・桜田賢一)

 各県の消防防災年報を基に2010年から20年までの4月1日現在の人数を比較した。20年はまだ統計がまとまっておらず、各市町村や各県の消防協会に尋ねた。11年は統計がない。
 結果はグラフの通り。被災市町村の消防団員は3県とも震災直後の12年に大きく減少し、補充が追い付かずに減り続けた。10年間で岩手県の12市町村は1075人(減少率15.4%)、宮城県の15市町は1756人(同18.6%)、福島県の15市町村は1316人(同13.2%)それぞれ減った。
 県ごとの減少率を上回る20%以上減少した市町村は14で、内訳は岩手が3、宮城が5、福島が6。最大の減少率は福島県双葉町の45.6%だった。岩手、宮城両県では、減少率が大きい市町村ほど、震災で犠牲となった団員数が多い傾向がみられた。福島県は、双葉町のように原発事故による町外避難が背景にあるとみられる。
 双葉町の担当者は「今は町内に住んでいる人がいない。特に遠隔地に避難した人が、活動できないからと辞めていく。基本的に減る一方で、いかに引き留めるかが課題だ」と悩む。
 一方、増加した自治体は四つあり、このうち三つが福島県の川俣、楢葉、広野の各町。ただ、いずれも任務を限定して負担を減らした「機能別団員」制度を震災後に導入した。OBなどを加えた数値であり、通常の「基本団員」は増えていない。
 残る一つは宮城県松島町だが、10年比2人増にとどまる。同町の担当者は「他市町村より被害が軽微で心理的負担が少ないため、退団する方に何とか後継者を入れてもらえている。増えたというより現状維持にすぎない」と言う。
 消防団は災害時に住民の安全を確保するなど、地域防災の重要な役割を担っている。地域のソフトインフラとされる消防団が先細る現状に、専門家からは「危機的な状況で対策が急務だ」との指摘が出ている。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る