【焦点】災害時、性的少数者への「配慮」1割満たず 東北の自治体

 地域防災計画や避難所運営マニュアルなどに、LGBTを含む性的少数者への「配慮」を盛り込んでいる自治体は東北6県と全77市の1割に満たないことが、河北新報社の調査で分かった。同性カップル間の安否照会を、同居の親族と同等に扱う自治体は14.4%だった。東日本大震災から10年近くたった今も、当事者が抱え…

残り 915文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ