子育て世帯の住宅整備 福島・大熊町、23年初めまでに

 福島県大熊町は10日、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された大川原地区に、子育て世帯向け住宅を2023年の初めまでに整備する方針を明らかにした。町議会12月定例会一般質問で吉田淳町長が答弁した。

 同地区で23年4月に義務教育学校が開校することから、会津若松市に避難中の町立小学校の保護者…

残り 253文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ