FAQ

三鉄に冬季限定「洋風こたつ列車」 日航CAが車内サービス

 岩手県などが出資する第三セクター三陸鉄道(宮古市)は12日、宮古-盛(大船渡市)間を走る今冬の「洋風こたつ列車」の運行を始めた。日本航空の「ふるさとアンバサダー」を務める女性の客室乗務員(CA)が、初日の車内サービスを担当した。

 国内外への渡航経験が豊富なCAの視点を生かし、新型コロナウイルスの影…

残り 438文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ

新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る