FAQ

帰省や忘新年会は「慎重に」 宮城知事や仙台市長、年末年始前に危機宣言 新型コロナ

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、医療崩壊が危ぶまれるとして、宮城県や仙台市、県と市の医師会は16日、「危機宣言」を発表した。感染防止対策の徹底とともに、年末年始の帰省や恒例行事への参加についても慎重に対応するよう求めた。

 宣言は(1)初詣や初売りでは密集を避ける(2)帰省や旅行は慎…

残り 457文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る