閉じる

621億円投入 の施設消滅 エネ庁 、福島沖風力の全撤去表明

 福島県沖で浮体式洋上風力発電の実現性を探る国の「福島浮体式洋上ウインドファーム(大型風力発電施設)」実証研究で、資源エネルギー庁は16日、関係者との協働委員会を福島市で開き、風車2基など関連設備を全て撤去する方針を正式に表明した。民間への引き継ぎを断念し、9年計621億円の国費を投じた洋上風力施設…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ