閉じる

「勇気や元気を届けたい」東北楽天の新人選手が名取・閖上を訪問

 プロ野球東北楽天の新人7選手が21日、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市閖上地区を慰霊に訪れた。

 7選手は市震災復興伝承館で映像や展示パネルを見て、被害の大きさや復興への歩みを学んだ。市震災メモリアル公園では慰霊碑に花を手向け、黙とうした。

 ドラフト1位の早川隆久投手(22)=早大=は「…

残り 116文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集