ウマーベラス!サンド富澤さん考案「コペリタン」 仙台のハチ、テークアウトで限定販売

自慢のナポリタンとハンバーグをコッペパンに挟んだ「コぺリタン」

 JR仙台駅のレストランHACHI(ハチ)仙台駅店が、自慢のナポリタンとハンバーグをコッペパンに挟んだテークアウト限定商品「コぺリタン」を売り出している。仙台市出身のお笑いコンビ、サンドウィッチマンの富澤たけしさんがテレビ番組で考案。既に1日300個売れる人気で、新型コロナウイルス禍の外食不振の中で明るい材料となっている。
 富澤さんは1月に放送された番組で、コッペパンに挟みたい食材としてハチ定番の「ハンバーグのせナポリタン」を提案。試食では「うますぎる。売り出した方がいい」とコメントし、商品開発につながった。
 2013年の大会で日本一に輝いた太麺のナポリタンスパゲティと、デミグラスソースのハンバーグを老舗パン店「ル・モンド」(仙台市若林区)のコッペパンに挟んだ。380円。
 今回の発売に合わせ、同店はテークアウト専用コーナーを新設した。運営するオールスパイス(青葉区)の角田秀晴社長は「地元の人に愛される新しい仙台名物になってほしい。テークアウトに活路を見いだしたい」と話す。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

先頭に戻る