石井監督一問一答 「震災10年に迎えられ 良かった」

石井一久 東北楽天ゼネラルマネジャー兼監督

 田中の東北楽天入団決定を受け、石井ゼネラルマネジャー兼監督が報道陣の取材に応じた。一問一答は次の通り。

 -合意までの経緯は。
 「田中選手とは継続してコミュニケーションを取ってきた。今日(28日)の午前中に連絡を受け、ほっとした。楽天でプレーする選択をしたときの準備は整えてきた。契約はスムーズだった」

 -田中からは何と連絡があったのか。
 「『精いっぱい頑張って優勝に貢献したい』と言っていた」

 -東日本大震災から10年のシーズンに復帰する。
 「震災10年の特別な年に田中選手を迎えられて良かった。彼とは大事な年だという話をした。感じるものはあったと思う。スペシャルな選手にしかあり得ないタイミングなのかもしれない」

 -若手への好影響も期待できる。
 「成長の源は選手同士の刺激の中で生まれてくる。田中選手にもそこを求めていきたい。でも、7年日本を離れているので、まずは自分のパフォーマンスに集中してもらいたい。周りは姿勢を見て、勝手に刺激を受けてくれると思う」

 -開幕投手の可能性もあるか。
 「しっかりとしたパフォーマンスを持った中で帰ってくるが、当たり前に勝てる世界ではない。マウンドやボールなどが日米で違う。キャンプでしっかり対応していってほしい。期間の最初の方には合流できると思う」

河北新報のメルマガ登録はこちら

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る