新型コロナ 気仙沼向洋高でクラスター発生 感染の生徒計6人に

 宮城県教委は5日、気仙沼向洋高(気仙沼市)の生徒5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同校の感染者は計6人となり、県はクラスター(感染者集団)と認定した。臨時休校を10日まで延長する。

 換気が不十分な室内で、マスクを着けずにトレーニングを行っていた。運動器具の消毒が徹底されていなかったという。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る