人気ナンバーワン選ぼう 仙台うみの杜水族館「#UNM総選挙」始まる 予選13日まで

仙台うみの杜水族館

 仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)は6日、来館者やインターネットの投票で、水族館の生き物の人気ナンバーワンを決定する「#UNM(うみのもり)総選挙」を始めた。飼育員が選抜した16種類の生き物が出場し、13日まで予選、14~28日に決勝を行い、3月6日に優勝を発表する。
 イルカショーでリーダー的存在のバンドウイルカ「スノーウィー」、書き初めが得意のオタリア「カルーア」、おてんばガールのツメナシカワウソ「くるり」らがエントリーした。16種類がA~Dの4ブロックに分かれて予選を戦い、最多得票の1種類が決勝に進む。
 投票は館内とネットで受け付ける。予選は各ブロックに1票投じる。ネット投票はツイッターを使用。水族館の公式アカウントに投稿されたアンケートに答える形で投票してもらう。
 優勝は3月6日に発表。14日に1位に輝いた生き物の動画を配信し、館内でイベントも開催する。
 総選挙は宮城大事業構想学群のゼミとの共同企画。3年山﨑琴美さん(21)は「1票を投じて好きな生き物とのつながりを感じてほしい」と話す。
 水族館広報担当の板橋瑠花さん(24)は「新型コロナウイルスの影響で来館を控える人にも、水族館を身近に感じてもらえる企画ではないか」とPRする。
(写真は仙台うみの杜水族館提供)

関連動画

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る