ベガルタキャンプ セットプレー中心に練習

ミニゲームでシュートを放つ気田

 J1仙台は宮崎市での3次キャンプ第5日の19日、県総合運動公園陸上競技場でセットプレーを中心に練習した。

 実戦形式の12対12のミニゲームでは、MF気田が切れのある動きで攻め込み、ゴールを奪った。全体練習後は個人練習で課題に取り組んだ。

 MFクエンカが右膝の違和感で18日に続き休養。13日の練習試合で負傷したDF照山も練習を回避した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る