閉じる

防災庁舎で家族を亡くして 悲嘆と苦悩、そして受容

 東日本大震災で宮城県南三陸町の防災対策庁舎は大津波に襲われ、災害対策本部で対応に当たった町職員33人を含む計43人が命を落とした。大切な人を失った遺族は、心の折り合いをつけながら10年間の歳月を歩んできた。

「パパは最後まで頑張った」

 町社会福祉協議会の支え合い拠点「結の里」で2月中旬、職員の高橋吏…

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ