仙台との往来「一層警戒を」 岩手知事が注意喚起

達増拓也・岩手県知事

 達増拓也岩手県知事は22日、新型コロナウイルス感染症患者が急増している仙台市との往来について、一層の警戒を県民に求めるメッセージを公表した。

 独自の緊急事態宣言が出ている宮城県と山形市から岩手県に来訪した場合、不要不急の外出や歓送迎会を2週間自粛するように呼び掛けた。

 県幹部は「仙台市は驚くべき状況。今後の岩手への影響が本当に心配」と危機感をあらわにした。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連
先頭に戻る