一力遼の一碁一会 「何手先まで読む」 日常使う表現に数多く

一力遼の一碁一会

 普段、私たちが使っている単語や言い回しの中には囲碁が由来のものが数多くあります。今回はその言葉を紹介します。
 まずは図をご覧ください。これは互いの陣地(地(じ))が確定した場面です。×印はどちらが打っても地を増やすことができない「無駄な目」になり、「ダメ」と呼ばれます。ここから、何かをしても意味がないことや役に立たないことを表す言葉になりました。
 囲碁は最後に、どちらが何目勝っているかを確かめる「整地」を行います。「ダメ」を交互に打つのは、整地をするための確認作業でもあります。このことから、スポーツの試合で勝利を決定づける得点を表す「ダメ押し」という言葉が生まれました。
 囲碁の序盤戦は「布石」と呼ばれます。布石は対局の流れを決める構想段階を指し、どのような手を選ぶかによって展開が大きく異なります。そこから「将来のための用意」のことを「布石を打つ」と言うようになりました。
 「一目置く」という言葉も囲碁が発祥です。囲碁では下手(したて)が先に石を置くため、そこから「自分より優れている人に敬意を払う」という意味で使われるようになったのです。

が小学生だった頃、師匠をはじめ多くの棋士から指導を受けていました。実際に対局すると、こちらが長考して打っても、瞬時に良い手を返されます。そんなプロの姿は、私にとって一目置く存在でした。
 「結局」も囲碁が由来です。「対局」という単語にも「局」の字が使われているように、囲碁の試合は一局、二局と数えます。対局が終わることから、物事の結末を意味する言葉として定着しました。
 囲碁由来の言葉ではありますが、実際の対局では使わなかったり、表現が少し異なったりするものもあります。例えば「ダメ押し」は「ダメを詰める」と言うことが多く、対局が終わることは「終局」と呼びます。また、囲碁は交互に打つので、わざわざ「一目置く」とは言いません。
 他にも「死活問題」「八百長」など、囲碁から生まれた言葉は数多く存在しています。日常、何げなく使う言葉も実は囲碁と関わりがあるのです。
(囲碁棋士)

河北新報のメルマガ登録はこちら
一力遼の一碁一会」

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る