閉じる

島田さん逝く 苦労と悲哀、ユーモアに包んで 歌壇・俳壇投稿者

 「ペンを持ったまま天国に行きたい」。そんな最期だった。東日本大震災10年を目前に、島田啓三郎さん(95)=宮城県山元町=が眠るように逝った。90年の歴史がある河北歌壇・俳壇の中で最も愛された投稿者と言えるだろう。人を、妻を、農を愛し、老いや悲哀さえも時にユーモアで包み、実直に詠んだ歌や句が多くの読…

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ