仙台育英4強逃す 選抜高校野球

仙台育英―天理 3回表仙台育英無死、八巻が右越え本塁打を放ち、1―2と天理を追い上げる。捕手・政所=甲子園

 選抜高校野球大会第9日は29日、甲子園球場で準々決勝が行われ、仙台育英は天理(奈良)に3-10で敗れ、4強入りはならなかった。天理のほか、東海大相模(神奈川)明豊(大分)中京大中京(愛知)が準決勝に進出した。

 仙台育英は0-2の三回に八巻の右越えソロなどで追い付いたが、四回に一挙4失点。五回、六回にも各2点を許し、引き離された。天理は24年ぶりの4強。

八巻、意地の一発

 仙台育英の3番八巻が0-2の三回、右越えソロを放った。右翼から左翼へ吹く甲子園特有の浜風をものともせず、鋭い打球がスタンドに突き刺さった。

 直前の守りで主戦伊藤がテンポ良く三者凡退に仕留めて雰囲気の変化を感じていた。「1人出れば流れが変わる。高めは捨て、低めを狙った」。ベルトゾーンの直球を豪快に振り抜いた。

 天理主戦の達対策として、長身の選手にマウンドよりも近くから投げてもらう打撃練習が実を結んだ。「高めの球は(打者の手元で)伸びてフライアウトになりやすい。見極めはできた」と振り返った。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る